時代と逆行する面白さ

タブレットを見ている男性

テレビや雑誌を見ていてもつまらないと感じることが増えています。どれだけチャンネルを変えても、いろんな種類の雑誌を手に取っても同じです。何の刺激もなく、当たり障りのない内容ばかりが目につくんです。
こういった時代になったのはSNSの普及が大きく影響しているでしょう。テレビや雑誌などが少しでも過激なことをすれば、その内容はSNSによって全国に広がってしまいます。そして、一斉にバッシングの対象となってしまうんです。一度、SNSで広まってしまうと手に付けようがありません。それが原因でテレビ局や出版社が謝罪をするということも多々起こっています。
こんな時代になったことでテレビ局も出版社も委縮しています。バッシングを警戒するあまりに、当たり障りのない内容の番組や雑誌を作っているんです。視聴者や読者がつまらないと感じるのは当然のことでしょう。
ですが、こんな時代でありながら過激な内容を貫いている雑誌があります。それは、裏モノジャパンです。裏モノジャパンは世間のバッシングなどは何も気にしていません。裏モノジャパンにとって最も大事なことは読者を楽しませることです。バッシングを怖がって内容を変えるなんてことはありません。
こういった姿勢で裏モノジャパンは雑誌を作り続けています。ですから、いつ読んでも面白い内容になっています。そして多くの読者を獲得しているんです。
今後も多くのテレビ局や出版社は自主規制を強めていくでしょう。つまらないものが世の中に溢れてしまいます。そうなれば、裏モノジャパンの存在はより際立つに違いありません。